国民健康保険税納付 退職後1回目

国民健康保険税 国民健康保険

実はこの記事は2018年7月18日に書いています。

というのも今回国民健康保険の納付書が届き、前回どうだったのかを調べたところ、前回の納付の明確な記事がなかったのです。ちょっとズルをして遡って投稿します。

前年所得が0円なので7割減

国民健康保険税

前年所得が0円なので7割減

2月の確定申告の時期に所得が0円である申告をしてあったので減免されて7割減です。

所得が0円である申告について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

住民税 所得”0円”の申告
所得の申告 1年半休職してから退職し、また退職金の源泉徴収が私の場合はなかったので、確定申告の必要はありませんでした。 普通役場は、源泉徴収及び確定申告の情報を元に住民税を決定するわけですが、私の場合、休職して所得がなく(源泉徴収がなく...

住民税 所得”0円”の申告は住民税のためのものですが、この申告は国民健康保険税にも連携されて、所得が0円であるという前提で国民健康保険税が計算されているのです。

ちなみに細かいことをいうと、他の市区町村などの自治体では、自治体によって違いますが、一括納付の納付書も用意されているところもあるようです。

セブンイレブンのお兄ちゃんがちょっとだけ面倒なだけですが・・・。

国民健康保険税

例によって公共料金もnanacoで払えますのnanacoで払ってきました。nanacoで払ってもnanacoポイントがもらえるわけではないのですが、nanacoのクレジットチャージをYahoo! JAPANカード ですることによって、Tポイントが貯まるのです。

 

コメント