自立支援医療の訪問看護であれこれ ヾ(–;)

自立支援医療 訪問看護 うつ病

ついでなので一応書いておこうと思います。

なにかと家庭問題もからんで役場の精神保健福祉士の方にお世話になっているのですが、訪問看護というのを勧められまして。

ちょっとあったドタバタ劇を書いておこうと思います。

自立支援医療の訪問看護であれこれ ヾ(–;)

意味ね―じゃん

どうやって使うの?

意味ね―じゃん

ちょっとまな板の鯉的に言われるがまま状態なのでよく理解していませんし、理解しようともしていないのです。

その役場の精神保健福祉士の方から勧められて、訪問看護を使ってということになりました。

1回30分?

服薬管理

悩みや相談

そんな感じだったと思います。

私も気づいたら引きこもりの仲間入りをしていたようです。私的には「引きこもり」というのはよくドラマや再現ドラマでよくやっている、部屋から一切出ないで、親なりが食事などを部屋に運んで来て、インターネットゲーム?などをやっているイメージでした。

先日ニュースを見ていて、引きこもりの統計の基準が「ほとんど家にいて、買い物くらいしか行かない」と言っていたのを見て愕然としました。

そう、私です。

えっ?じゃー個人事業主でネットビジネス系な家で済んでしまう仕事をしている人たちは引きこもり?

まあ別になんと言われようといいのですが、最近インスタにはまっていて、しかも障害者手帳で近所の撮影スポットに無料で入れたりするので、結構アクティブにアウトドアしていると思うのですが・・・。

話はそれますが、障害者手帳は病気の療養や回復に効果があると思います。

ただで自然あふれる施設に入って写真が撮れると思うと、ちょっとくらい落ち込んでいても「まあ、行くか」と気軽に行けます。タダなのでダメだったら帰ってこれます。

たいていそんな施設に行って写真を撮っていると精神的に非常によろしいです。よく歩くので運動にもなります。血行もよくなって病気にもいいでしょう。木々の隙間から空を見ながら歩いていると気分も晴れます。

そんな感じで障害者手帳は病気の治療に役立つと思うのです。

さて、それでも落ちるときは落ちるもので、ダメなときはダメです。

個人的には引きこもり(?)OKですし、わけのわからん人との接触もない方が精神的に安定しています(先日書きましたが、病院に行って体調悪くなるくらいなので)。

それでも精神保健福祉士の方のおススメですし、医者は頼りにならないので、そういうサービスを使って、お話をすればさらに改善の方向に行くかと思ったのです。

いろいろ段取りをして、訪問看護施設の社長とメインで担当になる人が来るというのです。

会ってみました。

とにかく社長が疲れます。ホントにこの分野でやっていくつもりあるの?というくらい私のような状態の人間との接し方を理解していない。

話が通じないのです。あー言えばこう、こう言えばあー。ハッキリ言って理解できないならその商売辞めた方がいいですよという感じでした。普通の人でも空気が読めない人と話すと疲れると思いますが、私のような状態にある人間だと余計です。いちいち「理解できない」というので、都度説明するので疲れました。

今、週に2日休みということにして写真を撮りに行ったりしています。そこに訪問看護が入るというのですが、そのペースを乱されたくない。

こっちの都合に合わせて来てくれるのかとスケジュール調整をしようとするにも、担当の方が忙しすぎて、1日のど真ん中しか空いていなかったり・・・。

つまり30分の訪問介護のために1日つぶさなきゃならないんです。仕事だってそんな中途半端で集中切らされるならイヤですし。

ましてそんな担当の方が忙しいなら、いざ調子が悪いときに来てくれるかというと、もう絶対ムリですよね。

おい、社長、従業員(?)のスケジュールくらい把握しろ。把握できないならとりあえず状況把握してから来い。

と思ってしまいました。

翌日、私は朝から寝込みましたよ。その会話が成立しないから一生懸命説明することに疲れ果てて、しかも多少なりとも期待していたのに、そんなに生活削ってまで利用する必要あるのか?と。

どうやって使うの?

まあ、百歩譲ってそれでも相殺して利用価値があるならと思いますけど、「どうやって使うの?」。

その精神保健福祉士の方にお任せなんですが、ここのところ一向に連絡がないですね。

まとめ

ということで、訪問看護は私の頭を悩ませて、寝込ませるだけの効果しかなく、今のところ治療や療養、回復には効果がないと思ってます。

まあ、そのへんがうまく行って人間関係も築ければいい方向に行くのかなあ?でも30分じゃかえって消化不良になるのでは?

うつ病
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
48歳 うつ病持ちのリストラおやじが生き残れるか?

コメント