PC作業はイスも重要

作業環境

PC作業はしっかりしたイスで

さて、家にいて転職サイトで転職活動などをしているとどうしてもPCを使うわけで、眼精疲労、肩こり、腰痛持ちのリストラおやじはイスも必要になるわけです。

そして買ったのがこのイス。

オフィスチェアの方がしっかりしていていいのだと思い、探してみたのですが適当なものがありませんでした。購入してみたら意外といいものだったので普通に使ってます。

やはり一番は腰痛対策で、硬くてしっかり座れるものでした。そういう意味では低反発で硬さがあって座っていて疲れないと思います。

そして本当はハイバックではなく、ロッキングしたときに首が後ろに反らせるのが欲しかったのですが、適当なものがなくこれにしました。

アームレストもいらなかったのですが、疲れたときや肩が凝ったときに首がうしろに反らせられないので、ヒジをアームレストにのせて、ハイバックをよけて首を後ろにそらせるといい感じで肩こり部分がストレッチできます。

※今あらためてみるとアームレストも取り外し可能なようです。

細かな機能

 

これがイスの高さ調整とロッキング「FREE」「ROCK」の切り替えのようです。というのは買ってからほとんどロッキングもしないし、高さ調節もしてません。

これでロッキングの硬さを調節できるようです。

これは正直あまり意味がありません。あって困ることもありませんが。

※あらためて使ってみると、上の方に移動すれば、ロッキングする人にとっては気持ちいいかもしれません。

ちなみにメッシュは特に夏場は気持ちいいです。ただゴミが入ると掃除機ではとれません(気になるレベルではありませんが)。

一番いい点は”低反発”であることです。

バカバカしい

そういえば、会社にいたときに総務だったので備品の管理などもしていて、イスにも関わっていましたが、管理職は「アームレスト付き」だとか、役員は「革製のフカフカのものだ」とか、思い出してもくだらなすぎます。

管理職は体力がないのか?役員クラスの年だと豪華なイスはかえって腰に悪いけど?などと思っていました。

どうせならメッシュでエルゴノミクスのイスを選択すべき。

このパソコンチェアをもう少し詳しく見てみる

作業環境
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
48歳 うつ病持ちのリストラおやじが生き残れるか?

コメント