RED WING SHORT ENGINEER BOOTS 2976

ファッション

RED WING SHORT ENGINEER BOOTS 2976を履いています。

何か1足、一生モノの靴が欲しくて5年前に購入しました。

RED WINGは学生時代から知っていましたが、自分とは縁遠いものだと思っていましたが、ちょっとしたきっかけがありいい機会だと思って最初で最後のブーツを購入したのです。

グロコードソールです。

”vibram”ではありません。 

トゥキャップ。レイルロード・エンジニア(鐡道機関士)のために作られただけあって多少の衝撃にもビクともしない硬さを持っています。

”グッドイヤーウェルト製法”。木ではなく”積み革”です。

甲のバックル。十分きつくて足が痛いので私にとっては飾りでしかありません。

足首のバックル。ちょっと手入れが過ぎるか?最近は革がふにゃふにゃで留めるのに一苦労。

タグです。このレベルのモノはそれほど価値はないのでしょう。

このブーツは、中底の下にコルクが詰められていて、そのコルクが体重による重みで整形され、オーダーメイドのソールのようになるのです。

しかしそれでもアスファルトの上を長時間歩いたりすると、かかとと足の甲がとても痛くなってしまいます。

実はそれが理由で1年ほど履いていませんでした。

今回これを復活させるべき行ったお店がここ。

ベルシャン 池袋店

TEL. 03-5911-2360
池袋駅東口1分
西武デパート前
営業時間:10時~19時

ベルシャンのオーダーインソールは個々の足に合わせる次世代型オーダーメイドインソール
ベルシャンのオーダーインソールはあなたの足に合わせてカスタマイズが可能です。オーダーメイドインソールだからできるフィット感。次世代型をお試しください。

オーダーインソールです。といってもセミオーダー的な感じでインソールだけなら\8,240-。驚いたのは靴の減り方を見ただけで私が腰痛持ちであることを見抜いたスタッフ。そして自分ではまったく気づいていませんでしたが、「かかとが小さい」とのこと。まだそれほど長く歩いて試してはいませんが、履いて歩いた瞬間に腰がムズムズと気持ちいいのです。是非興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

と、ちょっと脱線しましたが、最近はジーンズもスキニーなどといってスリムが流行り、ロールアップさせてブーツを見せるのが普通のようですが、正直寒気がします。

やはりジーンズはストレートが基本。ストレートのジーンズ(もちろんロールアップなどせず)の裾から”チラっ”と見えるブーツ。「あれブーツかな?」と見て、よくよく見てみるとエンジニアリングであると。さらによく見てみると実はRED WINGだった。

これが基本です。

まあ若いヤツが流行でそうしているのは許せても、”おやじ”、特に私レベルの”おやじ”がそんなマネをしていたら、若者文化に迎合した情けないヤツと映るのです(なんちゃって)。

 

ファッション
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
48歳 うつ病持ちのリストラおやじが生き残れるか?

コメント