AMPエラーに対応してみた

AMPエラーに対応してみた アフィリエイト

AMPに対応しないとユーザーフレンドリではないとか、ユーザーフレンドリーではないから検索順位に影響するとか、まだしないとか、いろいろと言われています。

私はよくわかりません。でもそんなことを言われたら、とりあえずAMPに対応しておくかということで、テーマでボタンひとつでAMPに対応してくれるというので一応しています。

でもそうするとGoogle Search Cosoleからメールが来て、エラーだそうです。

私は勝手に「テーマの問題じゃない?」と思って、人任せに「きっと対応してくれるんだろう」ということでほっておきました。

しつこくメールが来ると、「じゃあ面倒だからそのページだけAMPやめるよ」とそのページだけAMPをやめたりしてました。

最近思うことにこの仕事は人任せではダメなようです。仕方なく本当は儲かる記事を書きたいのですが、対応してみました。

AMPエラーに対応してみた

メールが来るので言われるがままに一応現象を確認

問題に対応(私の場合)

メールが来るので言われるがままに一応現象を確認

AMPエラーに対応してみた

こんなメールが来ます。

「AMPの問題を解決する」をクリックすると、Search Consoleが開きます。

AMPエラーに対応してみた

「タグ「a」の属性「href」のURLプロトコルが無効です」

「a href」というのは、リンクが貼ってある画像なのかな?という曖昧な知識しかありません。

AMPエラーに対応してみた

エラーのあるというURLにマウスオーバーして、上の虫眼鏡みたいなマークをクリックすると、

AMPエラーに対応してみた

「HTMLタグに同じ属性が複数含まれています。」をクリック。

AMPエラーに対応してみた

なんのことやらさっぱりわからないのですが、この文字の羅列はコピーできるので、この該当するページを開いて、「ページのソースを表示」してみました。

そして、この文字の羅列を検索してみると、だいたいページのどのあたりがエラーなのかわかりました。

私の場合はこうです。

Cocoonというテーマを使っています。

Cocoonには「アフィリエイトタグ」という便利なシステムがあるのですが、本来の使い方ではなく、自分でブログカードでつくったランキングにこの「アフィリエイトタグ」に充てました。

理由としてはそのランキングを複数のページで使うことがあり、またそのランキングは変動するので、「アフィリエイトタグ」をいじれば、「アフィリエイトタグ」を貼ったところが一度に変更できるという横着なことをしたのです。

ただ、どうやらこの「アフィリエイトタグ」というシステムとAMPのシステムが噛み合っていない(?)ようで、エラートなったとわかりました。

ですので、AMPを考えると「アフィリエイトタグ」でブログカードを扱うことはできないということです。

問題に対応(私の場合)

ということがわかったので、対象のブログの中でブログカードを使った「アフィリエイトタグ」はやめました。

普通にコピペでブログカードでランキングを記事ごとに貼りました。

そして、テストをしてみると、

AMPエラーに対応してみた

となりました。

よくわかりませんが、まとめると

難しそうなエラーのタグ(文字の羅列)がでたら、そのページを開いてページのソースを表示します(そのページで右クリック)。

よくわからないタグ(文字の羅列)がダーッと出るので、検索(ctrl+F)でエラー文字列を検索します。

そしてだいたい自分が入力した言葉(文字)の前後関係から、どのあたりがエラーなのかわかります。

そこでなにか変わったことを自分でやっていないか考えて、やっていたら治す。

という感じです。

要は、AMPは早く表示されてユーザーフレンドリーですが、いろいろと遅くならないように、遅くなる要因のあまり一般的ではないシステム(プラグインとか)に対応してくれないという感じみたいです。

AMPのことを考えると、なるべく単純なページ作りをしたほうがいいようです(?)。

まとめ

とりあえずこのやり方で原因究明まではできると思います。正直なところこの記事がGoogle様の検索エンジンに引っかかるとは思っていないのでかなりラフな記事になっています。

仮にGoogle様の検索エンジンに引っかかるようなことがあったら、もうすこし初歩的なことを丁寧に書くなどしたいと思っています。

アフィリエイト
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
48歳 うつ病持ちのリストラおやじが生き残れるか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました