Windows10 回復ドライブを作ってみた!

パソコン

Windows 10の回復ドライブを作ってみました。

Windows 10の回復ドライブとは?

普段普通に使用しててもある日突然PCが壊れることはあります。Windowsが起動しない、その他PCに問題が発生した。そんなときのために必要なのが”回復ドライブ”です。回復ドライブを作成しておくことによって、そのようなトラブルが発生しても修復できる場合があるそうです。

Windows 10の回復ドライブを作った経緯

もともとこのPCは購入時にWindows7が搭載されていました。一昨年、例のいろいろと物議を醸しだしたWindows10へのアップグレード問題の際に、Windows10にアップグレードしました。

PCメーカーに問い合わせたところ、私の使っているPCは対応機種になっていないと言われましたが、別に普通に使えています。ちなみにCPUはCore i7です。

そんな感じでWindows10へのアップグレードしたものの、特に問題なく使えていたので”回復ドライブ”などというものはまったく存在さえ知りませんでした。

ところが私はもう一台PCを持っていて、事情があってそのPCをクリアインストールする必要が発生し、この機会にこのPCもクリアインストールしておこうと思ったのです。

Webで確認しながら作業をしていると”回復ドライブ”なるものを作っておくのが普通であるようです。

そこでこの機会に”回復ドライブ”を作ることにしたのです。

Windows10回復ドライブ作成のためのUSBメモリの容量を調べる

回復ドライブを作成するにはUSBメモリが必要ですが、どれくらいの容量のUSBメモリが必要なのでしょうか?

それを調べるためには実際に”回復ドライブを作ろうとしてみなければ”ならないようです。

スタートを右クリックしてコントロールパネルを開きます。

システムとセキュリティ

セキュリティとメンテナンス

回復(R)

回復ドライブの作成

ここの画面が出ると必要なUSBメモリの容量がわかります。このPCは”8GB”です。

USBメモリの用意

私は一応知っているメーカーの一番安いものを購入しました。

回復ドライブの作成

上の”Windows10回復ドライブ作成のためのUSBメモリの容量を調べる”の過程をそのまま行い”USBフラッシュドライブの選択(先ほど容量がわかった画面)”まで行き、USBメモリを差します。

ちょっと時間がかかりますが、完了しました。

うまく行かないとき

私は2台PCを持っていますが、1台はスムーズにいったものの、もう1台は結局ダメでした。webで調べてやってみたことを書いておきます。

1)すべてのソフト(アプリ)を閉じて実行する。

2)”電源とスリープ”で途中でディスプレイの電源が落ちたり、PCがスリープ状態にならないようにした。

3)”検索”に”msconfig”、”システム構成”の”サービス”で起動しているソフト(アプリ)を停止する。

4)セキュリティソフトを一時的に停止する。

5)セキュリティソフトをアンインストールする。

 

と、いろいろとwebで出てくる対処法を試しましたが結局ダメでした。webで見ているとかなりの確率で失敗することが多いようです。

結局、うまくいかないPCはOSの初期化をしたばかりだったので、もう一度初期化して、すぐに回復ドライブを作成したらできました。結局それが究極かつ、近道だと思います。

まとめ

結局のところ、Windows10にとって”回復ドライブ”は必要なもので、初期段階で作成すべきものなのだと思います。そのあたりのインフォメーションがMicrosoftから早い段階で出ているべきだったのではないでしょうか。

googleなどを使っていれば(googleアカウント、google chrome、Gmailなど。メーラーを使わないでGmailにしたり、google chromeを使うことによって”お気に入り”のバックアップを作らなくてもいいようにしたり。月1くらいでHDDのバックアップも取っておく)、OSの初期化のハードルがかなり下がっていると思いますので、PCはいつ壊れるかわからないものと認識して、いつでも対応できるようにしておくのが得策だと思っている次第です。

私が使ったUSBメモリ

パソコン
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
48歳 うつ病持ちのリストラおやじが生き残れるか?

コメント