私がL.L.Beanを選ぶ理由

L.L.bean

私とL.L.Bean

私がL.L.Beanに出会ったのは1994年のことです。

大学卒業とともに図らずも標高1500mのリゾートホテルに勤務することになったのですが、そんな私にも尊敬できる上司がいました。その人は容姿も日本人離れしていて、女性にもとても人気があり、私も憧れたものです。

その人が来ていたのがL.L.Beanのフリースだったのです。

以来、L.L.Bean=カッコいいというのが私のイメージになりました。

そんな環境で生活していた私の趣味になったのが、夏はフライフィッシング、冬はスキーなどのウィンタースポーツでした。夏のファッションはいつの間にかL.L.Beanを中心としたアウトドアファッション。冬も会社がスキーウェアメーカーであったにも関わらずいつのまにかゴアテックスのアウトドアウェアになっていきました。

やがて結婚、子供もでき、また転職によって山とは縁遠くなると、ファッションも独身時代と違って安物のファストファッション一色になっていきました。

離婚をし、少し落ち着いた2011年の年末から再びL.L.Beanのヘビーユーザーとなっていったのです。

私がL.L.Beanを選ぶ理由

品質
デザイン
100%満足保障
カスタマーサービスセンターなどのアフターサービス

L.L.Beanの品質

品質については、例えば私は今回アスレチック・スウェットを購入したのですが、

L.L.Bean アスレチック・スウェット フル・ジップを購入!
L.L.Bean アスレチック・スウェット フル・ジップ L.L.Beanのアスレチック・スウェット を購入しました。形はフル・ジップ、色はビンテージインディゴです。 L.L.Beanのヘビーユーザーな私 L.L.Beanのヘビーユー...

アスレチック・スウェットをはじめて購入したのは2012年の秋で、それがいまだに大きく着崩れることもなく、私のお気に入りの1枚として活躍しています。

ファストファッションですと、せいぜい1シーズンがいいところです。毎年購入することを考えると結果的にL.L.Beanの方がコストパフォーマンスが高いということになります。

L.L.Beanのデザイン

デザインは、よく他メーカーにありがちな、大きなロゴで自己主張するようなことが少なく、パッと見どこのメーカーかわからないさりげなさが好きです。

またL.L.Beanも毎年新しいチャレンジをしていますが、各カテゴリーの定番の品番はほとんどモデルチェンジをしないでラインナップに載せていますので、購入した翌年に「こっちの方がいい」というように感情を揺さぶられることが少ないです。

結局デザイン的にも長く着れるのでそういう意味でもコストパフォーマンスは高いと言えると思います。

L.L.Beanのカスタマーサービスセンターなどのアフターサービス

L.L.Beanのカスタマーサービスセンターは最高です。電話といいメールといい、今まで最終的に気分が悪く終わったということはありません。

最近はCSもアウトソーシングの時代で、L.L.Beanももしかしたらアウトソーシングしているかもしれませんが、”顧客満足主義”のL.L.Beanの理念は対応するカスタマーサービスセンターのスタッフに浸透しているのがよくわかります。

L.L.Beanをもっと見てみる

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。