南信州 飯田工房 花柄型押しベルト購入!そしてその評価

ファッション

南信州 飯田工房 花柄型押しベルトを発見

先日、歯医者の時間調整で、子供のころからよく行っていた川越の「マルカワ」というジーンズショップに立ち寄りました。

ちょうどベルトがヘタってきていたので見ていると、この「南信州 飯田工房 花柄型押しベルト」を発見。他のメーカーでもっと高いものもあったのですが一目ぼれです。

家に帰ってからネットで調べてみるとマルカワがやっている通販でとても安く売っていました。

南信州 飯田工房 花柄型押しベルト 自分なりの評価

はじめて買った花柄型押し。ごちゃごちゃしていなくてシンプルでよかったと思います。「南信州 飯田工房」なんてネーミングもいいですよね。

南信州 飯田工房 花柄型押しベルトのディテール

まずこのバックルが気に入りました。

そしてこの”花柄型押し”。普段あまりごちゃごちゃしたものが嫌いでシンプルなのが好きなのですが、これはいいと思いました。

「南信州 飯田工房」というネーミングにも惹かれました。

ジーパンにはめてみると・・・。

なんかいい感じじゃないですか。

いつもプレーンというか柄などないシンプルなものを使っていますが、この「型押し」っていうのもなかなか渋いです。

”南信州 飯田工房”とは?

どうも「南信州 飯田工房」はどんな会社なのかネットでもわかりません。タグの裏を見ると(株)SADOの文字。

株式会社SADO
株式会社SADO(旧社名:佐渡工業株式会社)は昭和26年(1951)創業の老舗メーカーです。自社工場で生産されるベルトは、国産ベルトOEMシェアナンバーワン。トップクラスの技術を持つ職人が、1つ1つ手作業で心を込めて、ベルトを製造しています。

ホームページは作りかけですが、「国産ベルトOEM生産シェアNo.1」とのこと、なんと「飯田工房」以外にも、「Wrangler」や「AVIREX」も手掛けているようです。「Wrangler」はまだしも「AVIREX」のベルトをOEM生産しているということなら、かなりの品質が期待できます。

アルプスの麓からのメッセージ

ちなみにタグの裏にはこのような言葉がありました。

「アルプスの麓、清らかな水と空気の中、厳選された原皮の中でも最も強靭な国内、欧州、南米の天然皮革(植物性タンニンに数週間漬け込む)を使用し飯田工房にて1本ずつ熟練の職人が手作業により独自開発した加工を施し、深い味わいを表現しています。」

南信州 飯田工房 花柄型押しベルト

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。