11回目の認定日

雇用保険

※この記事にはまとめバージョンがあります。そちらの方が一覧で見れますのでそちらの閲覧をおススメします。

雇用保険失業手当認定日まとめ2
雇用保険の失業手当の認定日の記事をばらばらと投稿してしまったので、1記事で見れるようにまとめてみたいと思います。 失業手当の認定日 初めての認定日 仮のままの雇用保険受給資格者証 昨日、初めて雇用保険失業手当の認定日に行ってきました...

11回目の認定日に行ってきました

11回目の認定日に行ってきました。ちなみにハローワークに行ったのは15回目ということになります。

時間が前回は13:30だったのですが、また今回は10:30でした。ちなみに次回は9:30です。

さて、前回は疑問符だらけの認定日でした。

ちょっとおかしくないかい?ハローワークさん
だんだんとハローワークの対応がおかしくなっていく 実は、前回この予想はしていました。 しかし、何かあるのはこの次の認定日だと踏んでいて、動きがあったのでちょっとビックリです。 これまでの流れを整理します。 就職説明会で、「相談を...

今回は、就職サイトから応募をして、不採用になったことが1回の求職活動になり、認定となりました。

給付のところで担当の方と内容を確認し合って終了。

そして、前回問題の”受給資格者を返してくれ、次の認定申告証を渡す担当の人”です。

結果、通り一遍の内容だけ。

以前のように、

「相談して帰られれば、1回の活動となりますので、よろしかったらどうぞ」

でもなく、

おかしなテプラを貼ったクリアファイルを渡し、

「下で相談してから帰ってください」

でもなし。

ちょっと拍子抜けでした。というのも状況次第では責任者の方とお話をしようと思っていましたから。

(いつものごとし)想像ですが

可能性のある順に書いてみます。

企業の募集に応募したから
前回私が問いただしたから

企業の応募したから

企業に応募したからということでしたら、やはり前回書いたようにおかしな話です。

そもそも、説明会での「相談すれば1回の求職活動になりますから、是非ご利用ください」という言葉や、普段から案内されている「相談して帰られれば、1回の活動となりますので、よろしかったらどうぞ」という案内は何?

想像ですが、

「相談すれば1回の求職活動になりますから、是非ご利用ください」は建前。

本音は

「相談なんかしてないで、早く応募して就職しろよ。失業手当の財源を減らすなよな」

ということなのではないでしょうか。

「だったらやっぱりお願いしてもいないのに”就職困難者”にすること自体がどうなのよ?」

という感じです。

前回私が問いただしたから

そんなことはないと思いますが、言われたとおりにすればやりたい放題でしょうか?

そもそも前回感じましたが、ちょっと素直な人だったら、「相談して帰りなさい」と言われたら、相談して帰るでしょう。

素直な人でなくても、そもそもがうつ病再発が可能性のあるわけですから、ちょっとうつ傾向の日だったら、ぼんやりして言われたままにしてしまう可能もあります。

そこで相談の担当の方に思いっきりイヤミを言われる?

それが原因で再発したら?イヤミを言われるのが嫌で無理やり応募して、たまたま採用されて、そこがおかしな会社でまた再発したら?

そう、またハローワークに帰ってきますよ。高い確率で。また失業手当受給です。

それならまだいい方で、無理して就職して、無理して働いて、再発して、最悪の事態となったらどう責任を取りますか?

 

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。