失業・・・とりあえずこれだけはやっておきたい。

求職活動

何らかの理由で失業した場合、再就職なり、個人で事業を興すなり、特別な事情があって一生食うだけのお金を持っていない限りは職につかなければならないでしょう。

いろいろと選択肢はあるものの(年齢を重ねれば重ねるほど選択肢は狭まりますが)自分の市場価値というものを一度は把握しておくべきです。

私の実体験

実体験というか現在進行中でもあります。私はリクナビ、マイナビ、エン転職に登録しました。

結果的に希望の条件で一番多く候補があったのはリクナビでした。スカウトというのはありませんでしたし、いまだに1件もありません。ただ特に登録して3ヶ月くらいはエージェントからのスカウトというは結構ありました。

ただこれは私が社労士の資格を持っているからかもしれません。実際社労士がらみのスカウトがほとんどでした。

エージェントというのは非常に規模の小さな会社が多く、またベンチャーも多いのでしっかりしたところと本当にいい加減なところと様々です。

そんな中でもスカウトが多く、またまだまともなエージェントが多かったのがリクナビでした。

ただエージェントも複数社で同じ求人を見ていたりするので、「たくさん来た」と思っていてもほとんどが同じ求人であることもあります。またエージェントも数をこなしてナンボなので、無茶なお誘いをしてくることもあり、面接にたどり着けないこともありました。

休職してから半年ほどがんばってはみたのですが、実際面接までたどり着いたのが1社。しかも話を聞いてみるととんでもない会社でした。

精神的にも不安定になり、また他の道を探ったりしていたので1年ほど転職サイトからも離れました。その時も最後までメールが来ていたのはリクナビでした。

完全に会社を退職して、いろいろと将来を模索しながらかつ失業手当の申告に記入する求職活動として再度転職サイトを利用しようと思いましたが、これまでの経験から私は、今はリクナビしか使っていません。

リクナビに限りませんが、最近の転職サイトは本当に便利です。

求人数もハローワークなど及びもしないのはもちろんのこと、先述のとおり希望の条件を登録しておけば定期的に新着の求人情報も届きます。

16年ほど前に転職活動をしたときには、履歴書を手書きで、職務経歴書をワードで、という状況でしたので、1枚の履歴書を1時間ほどかけて書いた記憶があります。丁寧にじっくり書けばそれなりの字には見えますので。そして字のうまさより、そういった丁寧さも採用の基準のひとつでした(前職総務ですが人事もやったことがあります)。

たった10年ほどで履歴書も職務経歴書もデータです。1度転職サイトで入力すれば、ほぼあとは数回のクリックだけで応募ができます(求人によって応募の仕方が違うこともあります)。

もう丁寧さが評価されるような時代ではなく効率なんですね。逆にそのようなツールをいかに使いこなせるかが評価の対象なのでしょう。

転職サイトの注意点

本当はもっときちんとした形でまとめたいですが、今回は私が気づいた注意点を簡単に書いておきます。

転職サイトで求人情報を得るにあたって希望条件を入れて結果がでます。

ひとつは職種ですが、結構「?」なものがあります。私など総務の仕事メインでやってきましたので、総務、人事、管理などの事務系希望ですが、「未経験者歓迎」などという形でノルマありの営業がたくさん出てきたりします。

また給与について結構多いのが「みなし」で、基本給に「〇〇時間分の残業代含む」などの表現があると要注意です。社労士を持っているのでわかりますが、グレーというか、ほとんどブラックで、要は残業代は出ない勤務時間は∞、勤怠管理もしていないということです。

ここではあまり突っ込んで書きませんが、「みなし」というのは本来そういう趣旨のものではなく、悪用している企業が多いです。

転職サイトに登録する

求人がどれくらいあるかわかる

転職サイトに登録し、希望の地域、職種、年収などを入力すると条件に合う求人が何件くらいあるかがわかります。「この年齢では厳しいだろう」と思っていても意外とそれなりの数があってビックリするかもしれません。

スカウトやエージェントからのお誘いがあるかもしれない

転職するというのはほぼ100%前職になにか問題があったからでしょう。精神的にも疲れていると思いますし、モチベーションも低いと思います。

転職サイトにとりあえず登録だけしてほっておいてもスカウトやエージェントからのお誘いがあるかもしれません。

モチベーションキープのために

転職サイトに登録しておくと希望条件にあった求人情報のメールが定期的に来ます。「もう人生もあきらめてしまおうか?」と思うくらいあまりの現実に絶望することもあるかもしれませんし、転職サイトを見ることも嫌になってしまうかもしれません。

そんな時に新しい求人情報がメールで届けば、またもうひと踏ん張りしようという気も起きます。

履歴書、職務経歴書を一度作れば応募はカンタン

先述のとおり以前は履歴書も職務経歴書も手書きでした。字のうまさというより丁寧さも見られることから、その準備だけでも大変な労力でした。

転職サイトで一度入力しておき、希望の求人があれば数回のクリックで応募できます。

 

リクナビNEXT

転職なら【リクナビNEXT】!-希望の求人がみつかる転職サイト-
リクルートキャリアが運営する転職・求人情報サイトで、あなたに合った求人を見つけよう!【リクナビNEXT】は、転職・求人情報はもちろん、スカウト機能や転職のノウハウなどお役立ちコンテンツで、あなたの転職活動をサポートする転職・求人情報サイトです。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。