最後の認定日(14回目)

雇用保険

最後(14回目)の認定日に行ってきました

14回目の認定日に行ってきました。最後の認定日です。ちなみにハローワークに行ったのは18回目ということになります。

時間が前回は9:30だったのですが、今回もまた9:30でした。

今回も申告書に応募した結果を書いて持って行きましたが、とてもスムーズであっという間に終わりました。

最後なので申告書お渡しの儀式もありませんでした。

担当の方からは「最後の認定日になりますが、引き続き相談窓口は利用できます。雇用保険受給資格者証は2~3年は保管しておいてください」と言われました。

とりあえずまだ今年も7月1日以降に国民年金の離職理由による免除をするので、それまでは確実に必要です。国民年金の離職理由による免除は、失業日の属する月の前月から、失業日の翌々年の6月までなのです。

また再就職する際には必要になるのでとりあえず取っておくに越したことはありません。

ちなみに今になって気づいたのですが延長給付。よく調べてみると制度が平成29年3月まで暫定措置が5年間となっていますが、雇用情勢が悪い地域に居住する者災害により離職した者が対象で、そもそも受給資格に係る離職の日において45歳未満の方なので確認するまでもありません。

 

あっという間の1年

振り返ってみるとあっという間の1年です。体調がいいと、転職活動をしながらアフィリエイトにチャレンジ。作業をしていると光陰矢の如し。主にメンタル的に落ちるとひどいときは復活までに1ヶ月以上を要しましたが、それはそれで時が早くなることはあって、遅く感じることなどありません。

これからどう生きていくか?経済面のリミットを日々睨みながら生活していて、意識していないと思っていた失業手当終了が、いざ迫ってみると心はすさんでいきました。

通り過ぎてみると開き直りの境地ではありますが、これから少ない預金が減っていくとまた無意識にメンタル不全に陥って、気づいたらこころがすさんでいるのでしょうか。

コメント