失業手当の給付日数

雇用保険

気になる失業手当の給付日数

失業すると雇用保険から失業手当(基本手当)を受給することができるわけですが、失業手当(基本手当)を受給するにあたってなにより気になるのは給付日数ではないでしょうか。

基本手当の日額にも幅がありますが、基本給付日数は全体の給付額を考えるとより大きなウェートを占める要素であると思います。

基本給付日数は、自己都合や倒産、リストラなどの理由と年齢、雇用期間により大きく異なります。以下に「所定給付日数」について一覧にしてみたいと思います。

特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要
特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要 特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要について参考までに載せておきます。 特定受給資格者の範囲 「倒産」等により離職した者 (1) 倒産(破産、民事再生、会社更生等の...

「一般離職者」及び「解雇等により離職した者(一部例外あり)」(※1)

年齢\期間10年未満

10年以上

20年未満

20年以上
65歳未満90日120日150日

 

就職困難者(障害者等)

年齢\期間1年未満1年以上

45歳未満

150日

300日

45歳以上

65歳未満

150日360日

 

「特定受給資格者」及び「特定理由離職者」(※2)

年齢\期間1年未満

1年以上

5年未満

5年以上

10年未満

10年以上

20年未満

20年以上

30歳未満90日90日120日180日
30歳以上35歳未満90日90日180日210日240日
35歳以上45歳未満90日90日180日240日270日

45歳以上60歳未満

90日180日240日270日330日
60歳以上65歳未満90日150日180日210日

240日

 ※1、※2には細かい規定があります。

雇用保険
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
48歳 うつ病持ちのリストラおやじが生き残れるか?

コメント