ギリギリ申請 ~国民健康保険、国民年金~

国民健康保険

健康保険資格喪失証明書が来ない

業を煮やしてアウトソーシング会社や、社労士事務所に怒りの電話をかけてみると、

退職 アウトソーシング? 退職キット?
退職しました。 2017年1月15日(日)をもって退職しました。 退職願を提出したわけですが、 その退職願には返却物一覧というものが書いてあって、「健康保険証は〇〇へ送付」と書いてありました。”〇〇”というのは給与のアウトソー...

なんと「健康保険資格喪失”証明書”」は社労士事務所にも届いていなく、それどころか「健康保険資格喪失”届”」でさえ退職した会社の中で回付されていたのです。

まるでお役所仕事。いやそれ以上。

普通に考えれば書類の押印など、担当者が社印を持っている責任者にお願いして押してもらえば、多く見ても1日で終わるはず。

退職者のことより自分のメンツ

退職した会社は「押印申請」なるものが存在して、「これこれこういう理由でこのような書類に印鑑が必要なので御押印いただきたく」的な書類なのですが、これがまた無駄に回付する回付する。総務の担当者から管理職へ、管理職から部長へ、部長から総務担当役員へ、総務担当役員から押印できる常務へと・・・。

なにが目的かと。それぞれが「オレの承認が得られなければ書類は回さないよ」的な自尊心&自己顕示欲なのであって、それを最終的に受け取る人間の都合などどうでもいいのです。

退職日から14日以内です。

クソ真面目な私は、役場も多めに見てくれるとわかってはいても、やはりそこは一応社労士資格所持者として、真面目に「退職日から14日以内」にこだわりました。

健康保険組合にプレッシャーをかけるようにお願いしてみると、「自治体によっては雇用保険の離職票で対応してくれるところもある」というとてもいいアドバイスが。

役場の担当者に連絡をしてみると、「それでOK」とのお返事。速攻で

雇用保険離職票(本来は健康保険資格喪失証明書)
印鑑
年金手帳

を握りしめて役場に向かったのです。

なんとか国民年金&国民健康保険

無事に国民年金に入り(正確には国民年金第2号被保険者から国民年金第1号被保険者への異動)、国民健康保険に加入することができたのです。

また、こちらは私の個人的な事情による内容になるかもしれませんが、国民健康保険税も国民年金も所得の多寡により減免措置があります。これは各市町村役場が個人の所得を把握しているので、相談すればどのようになるかを教えてくれます。

また次の支払い期間についても減免があるならば申請時期などについて確認をしておいたほうがいいです。

さらに、どちらも失業手当受給における「離職理由」による減免もありますので確認がした方がいいでしょう。

どちらにしても申請が必要ですので、きちんと申請時期を確認して申請することが必要です。

頑張ってるじゃないか田舎町

実はこの手続きは2回目なのですが、16年前と変わったなあと感じたのが、

人間ドックの補助金制度があった
保養所契約があった

なんと国民健康保険、がんばっているではないですか。それは退職した会社の健康保険組合では5,400円で人間ドックは受診できましたし、しかもその経費は会社が持ってくれていましたが、15,000円くらいで受診できるなら2年に1度くらいは受診してもいいかもしれません。

しかも行くかどうかは別として、全国のレジャー施設や宿泊施設と保養所契約があるというのは、なんとなく福利厚生的でいい感じです。

15日退職より月末退職がオトク

ちなみに国民健康保険税は日割りではなく月額で決まっていて、月末退職であれば、翌日からの国民健康保険税でいいのですが、私のように15日退職であると、その月までの会社の健康保険料とその月の国民健康保険税がかぶりますので、1月分損をしてしまいました。

自治体にもよると思いますが、可能であるならばあらかじめ自治体に確認をして退職日設定にあたっての検討項目のひとつにしておいたほうがいいかもしれません。

 

世の中変わったものです。

 

〈参考〉

国民健康保険、国民年金とは
社会保険?国民健康保険?国民年金? 退職すると国民健康保険と国民年金に加入することになりますが、実のところよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。そこでそれらをちょっと細かく見てみたいと思います。 単純に言えば、サラリーマンなど...

国民健康保険国民年金
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
48歳 うつ病持ちのリストラおやじが生き残れるか?

コメント