転職サイトを利用

求職活動

転職サイトが便利

転職活動にあたっては転職サイトを使用します。実はこうなる前にいい条件の転職先があれば転職したいと思い、休職中で体調がいいときに一時期転職活動をしました。まず登録したのは「リクナビNEXT」です。

リクナビNEXT

CMで一番耳にしたサイトです。運営会社は株式会社リクルートキャリアでリクルートグループの会社です。「日本最大級の転職サイト」と謳っています。

今どきは履歴書も職務経歴書もほとんどwebで済むのです。基本的に1回作ればOK。送る必要もありません(一部の会社ではデータ添付で送ったり、ドキュメントが必要であったりします)。15年前は1枚1時間くらいかけて丁寧に履歴書を手書きしたものですが・・・。

精神的に負担にならないようにはじめはスカウトだけ受けるようにしていました。スカウトがないこともないのですが、いかにもノルマの厳しそうな不動産関係の営業の仕事だとか、ちょっとヤバそうな居ぬき物件専門の小さな不動産屋とか、給料が安くて仕事が厳しいと公言している海外ボランティア系の会社のスカウトはありました。

あとは私は社労士の資格を持っているので、会社から直接というのはありませんでしたが、リクナビと契約しているエージェントから社労士に関連の仕事の紹介があり、ひとつだけ面接まで行きましたが玉砕しました。

自分でも何十社か応募もしてみましたが、すべてボツ。病気の関係で落ち込んだり、ちょっと頑張ってみたりを繰り返し、最後は放置状態に・・・。しばらくはタクシー会社からのお誘いが何社かありましたが、そのうちに連絡もなくなりました。

一応ちょっと頑張れた時期に他の転職サイトも使ってみました。

マイナビ転職

マイナビも大きい転職サイトだと思います。転職先を決めたサイトNO.1と謳っています。

こちらはスカウトしか使いませんでしたが、間口を広げようと思って登録しました。この頃からなんとか気力を振り絞ってという感じになっていたので、条件のいい求人にしか興味がなくなっていたのと、リクナビのエージェントと被った紹介が多く、結果的には利用しませんでした。

エン転職

こちらもマイナビとほぼ同様です。特別新しいスカウトがあるわけではありませんでした。

気になった点としては転職サイトが悪いわけではないと思いますが、エージェントにはいい加減なものも中にはあって、約束をして時間を作って電話で話をしたものの、約束した連絡がなくそのままフェードアウトするエージェントがあったり、わずかな希望を期待している立場からすると腹立たしい対応をするエージェントもなかったわけではありません。

 

今回ハローワークに行く前にあらためてリクナビの履歴書と職務経歴書に追記したり(主に今回の退職について)、何社か応募をしたりしましたが、またエージェントから連絡が来るようになっています。

求職活動
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
48歳 うつ病持ちのリストラおやじが生き残れるか?

コメント