疲労軽減において意外とウェートの高いキーボード&マウス

作業環境

Microsoft エルゴノミクスと肩こり、腰痛、眼精疲労

肩こり、腰痛、眼精疲労のリストラおやじですが、キーボード&マウスは意外とそれらに影響を及ぼすものだと思います。

そのあたりを気にするようになってからよく愛用しているのがMicrosoftの入力デバイス類。エルゴノミクスをうたい始めてからは積極的に使っています。

正確には、キーボード&マウス&テンキーです。3代目ですね。

Microsoft エルゴノミクス キーボード&マウスのディテール

キーボードはこの微妙なカーブとパームレスト部がキモです。

そして右手と左手の間に不思議な空間の隙間が空いています。これがあるときちんとしたブラインドタッチをしないと使いこなせないです。ブラインドタッチ自体、自己流だと手指から肩にかけての疲労に影響があると思います(実感しています)。

そしてこのぼた餅のようなマウス。3代目ですが、手のひらにフィットしてとても気持ちがよくて手放せません。

実は2代目も活躍中で、

  ちゃぶ台の方で使ってます。

レシーバーはUSBですが、実はこれ、キーボード&マウスで買うと右の長い方ひとつで済むのです。通販会社のミスでキーボードとマウスを別に購入したことによって2種類使わなければならなくなりました。

それとこれはあらかじめペアリングされて売っているので、レシーバーを紛失するとすべてが使えなくなります。また非売品なのであとで追加購入することもできません。

疲労=作業効率=生活

このあたりのモノは疲労に直結します。イコール作業に直結。生活に直結と。

年齢を考えると値段でなく品質で買いたいものです。

このキーボード&マウスをもう少し見る

コメント