やっと正式な雇用保険受給資格者証を取得&離職理由による国民年金の免除申請 1回目

国民年金

雇用保険受給資格者証の離職理由によって、国民健康保険税が減免されたり、国民年金が免除されたりするのですが、前職の対応の悪さからなかなか雇用保険受給資格者証が”仮”のものから正式なものになっていませんでした。

雇用保険受給資格者証が遅れていたことによる不安

離職票において退職直前の給与が明らかに「0円」であるところを、「未計算」としていたためで、たかが前職がその回答をするのに2週間以上もかかっていたというのが実際のところだったようです。

処理に慣れているはずの社労士事務所の対応能力の低さと、その後の会社の対応速度の遅さが招いた問題ですが、改めて退職に関する業務をアウトソーシングしてしまうなどということに違和感を感じます。

退職 アウトソーシング? 退職キット?
退職しました。 2017年1月15日(日)をもって退職しました。 退職願を提出したわけですが、 その退職願には返却物一覧というものが書いてあって、「健康保険証は〇〇へ送付」と書いてありました。”〇〇”というのは給与のアウトソー...

これにより、国民健康保険税と国民年金の納付期限が近いことにあわてさせられることになり、また減免措置等がはっきりしないので今後の生活設計が見通せないという状況に追い込まれていました。

やっともらえた雇用保険受給資格者証

昨日、たまたまハローワークのそばに買い物に出かけていたところ、ハローワークから連絡があり、「正式な雇用保険受給資格者証が渡せる」とのことで、そのまますぐに取りに行きました。

夕方になり、役場に行って国民健康保険税の減免の申請をし、今後の申請や金額のことを聞くことができました。国民年金については年金事務所に確認する必要があり、電話で確認し、晴れて先行きが見えたという次第です。

国民健康保険税約7割減、国民年金全額免除

「正当な理由のある自己都合退職」ということで、国民健康保険税は約7割減となり、国民年金は全額免除となったのです。

国民年金については、全額免除とはなりますが、実際の受給の際には1/2納付したという扱いとなり(その1/2は国が負担)。全額受給したい場合は10年以内に後納することができるそうです(現状では全額免除か全額納付かの選択しかない)。

離職理由による国民年金の免除申請 2回目

離職理由による国民年金の免除申請 2回目
7月になりました。 なんでもかんでもスケジュール化する私は、「7月になったら役場に申請に行く」というスケジュールを立てていたのです。 離職理由による国民年金の免除申請 3月にいろいろな対応が終わり、もうすっかり何をすべきなのか忘れてい...

離職理由による国民年金の免除申請 3回目

離職理由による国民年金の免除申請 3回目
いや~すっかり更新しなくなってしまっていました(まあ定期的に読んでくださっている方もいないとは思いますが)。実にほぼ3ヶ月更新なしです。 というのも何をしているかというと、 障害年金の申請をしていて結果を待っている アフィリエイト用の...

ちなみにのちにこの申請は無駄になります。

この申請が無駄になった件について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

障害年金2級にともなう国民年金保険料法定免除申請
障害年金2級になりとりあえず余裕があるわけではないものの安定した収入が確保できで精神的にも安定してきました。 障害年金2級について詳しくはこちらの記事をご覧ください。 障害年金2級にともなう国民年金保険料法定免除申請 障害年金2級...

国民年金雇用保険
nonchanをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
48歳 うつ病持ちのリストラおやじが生き残れるか?

コメント